NTT docomo XperiaZ5 Premium

XPERIA Z5SO-03Hの写真や動画撮影とQRコードの読み取り方法

 

Xperia Z5Premiumには約2300万画素のカメラが搭載されています。5520x4141ピクセルまでの写真や4Kまでの動画を撮影することが可能です。

 

また、約510万画素の内側カメラも搭載されており、画面を見ながら自分を撮影することもできます。さらにQRコードやバーコードを読み込み、記載されているwebページへアクセスすることもできます。

 



 

カメラを起動する

アプリ画面の「カメラ」またはホーム画面の「カメラ」をタップするとカメラが起動します。

 

 

カメラキーで起動する
本体右側にあるカメラキーを2秒程度長押しすることでもカメラが起動します。この方法はスリープ状態が行えるため、すぐに撮影が可能です。

 

写真を撮影する

カメラアプリが移動したら液晶画面を見ながら撮影したい被写体の構図を決めます。画面上をタップするとその位置にある被写体に品とを合わせます。カメラアイコンをタップすることで撮影できます。撮影後は、画面右下にある「サムネイル」をタップすることで撮影した写真を確認できます。

 

 

カメラキーで撮影する

本体右側のカメラキーを押すことでも撮影が可能です。カメラキーは2段階になっており、1段分押すと被写体にフォーカスを合わせ、さらに押し込むと撮影できます。

 

 

ズームする

画面上でピンチイン・ピンチアウトするか、本体右側面の「音量」キーをさうさすることでズームイン、ズームアウトすることができます。

 

 

手ブレを防ぐ撮影の工夫

スマートフォンは写真撮影を主に作られた機器ではないので、専用のカメラに比べるとどうしても手ブレしやすいものです。

 

手ブレしないようにするには、設定で「手ブレ補正」機能を有効にする。ほかに、脇を締めて手がふらつかないようにして撮影するのも効果的です。

 

撮影の際のコツとしては、撮影の際にカメラアイコンをタップするようにするのではなく、カメラアイコンをタッチしたままにして、撮影のタイミングで静かに指を画面かtら離すことで、指が離れたときの振動を防ぐことが可能です。

 

 

LEDライトを点灯する

Xperia Z5Premiumには、LEDライトが搭載されており、暗い場所での撮影時にフラッシュとして利用可能です。点灯の設定には画面左上の地球儀アイコンをタップしt絵メニューから選択します。

 

 

スクリーンショットを撮る

Xperia Z5Premiumでスクリーンショットを撮るには、本体「電源」キーと「音量小」キーを同時に1秒程度押したままにします。あるいは、電源キーを長押しして表示されるメニューから「スクリーンショット」をタップしても撮れます。スクリーンショットの画像ファイルは「Pictures/Screenshots」フォルダに保存されます。

 

 

画面操作を動画として撮影する「スクリーンレコード」

Xperia Z5Premiumでは、Xperiaの操作画面を動画として撮影できる「スクリーンレコード」機能を搭載しています。アプリの操作手順をレクチャーする際などに役立ちます。

 

スクリーンレコードで撮影を行うには、本体「電源」キーを長押しして、表示されたメニューの「スクリーンレコード」をタップすると、画面上にスクリーンレコードの操作ツールが表示されます。赤いアイコンをタップする録画を開始します。

 

録画中はスクリーンレコードのツールが画面上に表示されていますが、撮影した動画には映りません。撮影が完了したらスクリーンロックの時間を表示しているアイコンをタップしてから赤いアイコンをタップすることで撮影を終えます。

 



 

動画を撮影する

動画を撮影する場合は、赤いアイコンをタップします。すると、撮影が開始されます。撮影を完了する場合は赤いアイコンをタップします。

 

マニュアルモードでは切り替えが必要
マニュアルモードで動画を撮影する場合は、撮影後に緑のフィルムアイコンをタップして動画撮影モードに切り替える必要があります。

 

 

4K画質で動画を撮影する
プレミアムおまかせオートやマニュアルモードでの動画撮影は、最大フルHDでの撮影までに限られます。もし、4K画質で動画を撮影したい場合は、画面左下のカメラアイコンをタップし、「4Kビデオ」を選択します。

 

撮影モードを変更する

画面右下に表示されたカメライコン(オレンジ)をタップすると、撮影モードを切り替えられます。撮影モードにはXperia Z5が自動的に判断して撮影を行う「プレミアおまかせオート」、設定ユーザーを自身で行う「マニュアル」画像に効果を加える「ARエフェクト」パノラマ撮影をおこなう「スイングパノラマ」などを選択できます。

 

 

 

クリエイティブエフェクトで撮影する

撮影モードで「クリエイティブエフェクト」を選択すると、効果を加えた写真を撮影できます。例えば、鮮やかな写真や模型のような写真、レトロな写真などを撮影できます。

 

撮影は「クリエイティブエフェクト」に切り替え、画面下に表示された一覧から利用したいエフェクトを選択します。あとは通常の写真撮影同様にカメラアイコンや赤いアイコンをタップして写真撮影や動画撮影を行えます。また、@ABのアイコンをタップすることで、エフェクトの強弱などを切り替えられます。

 

 

 

撮影の設定を変更する

画面左上の3つのドットアイコンをタップすると各撮影の設定を変更できます。「プレミアムおまかせオート」「マニュアル」のそれぞれのモードでは、表示される設定項目が異なります。

 

 

QRコードを読み取る

 

Xperia Z5Premiumのカメラを使ってQRコードを読み取れます。SO-03H、SO-01Hドコモ端末には、標準で「ICタブ・バーコードリーダー」が用意されています。

 

 

SOV32には、標準で「STACH」が用意されています。501SOには標準QRコードリーダーをインストールするとQRコードの読み取りが可能です。

 

 

ドコモ端末でQRコードを読み取る

 

手順

アプリ画面かた「ICタグ・バーコードリーダー」をタップして起動します。

 

手順

初回起動時に、説明が表示されます「次へ」を3回タップしてから「利用開始」をタップします。

 

手順

NFCについてのメッセージが表示されます。QRコードを読み取るには「バーコードを使う」をタップします。また、このメッセージが表示されない場合は画面下の「Barcode」をタップします。

 

手順

画面中央の資格枠内に読み取りたいQRコードを映します。

 

手順

QRコードを認識すると、自動的に読み取り、QRコードの内容を表示します。読み込んだ文字列がURLの場合はリンクされ、タップするとwebブラウザでURLのwebページにアクセスできます。またアプリケーションのURLをタップし、「playストア」を選択するとアプリケーションの詳細が表示されます。

 

 

SOV32、501SOでQRコードを読み取る

 

SOV32には標準でバーコードリーダーの「SATCH」が搭載されています。501SOの場合は、バーコードリーダーアプリをインストールします。ここでは、SOV32が標準搭載している「SATCH」を用いる方法を説明します。

 

501SOの場合は、Googleplayで「SATCH」をインストールします。

 

Googleplayを起動して、「アプリ」をタップし、画面右上の検索アイコンをタップしてアプリをキーワード検索します。「バーコードリーダー」などのキーワードで検索して表示されたアプリの中から、「SATCH VIEWER」をタップし、「インストール」をタップするとバーコードリーダーをインストールできます。

 

手順1

SOV32の場合は、、アプリ画面の「ツール」にある「SATCH」をタップします。

 

501SOの場合は、アプリ画面の「SATCH」をタップします。

 

手順2

アンケートに答えます。PUSH通知では、情報を自動的に取得する場合は「はい」取得しない場合は「いいえ」をタップします。

 

手順3

「QR・バーコードを読み取る」をタップします。

 

手順4

カメラが起動し、QRコードの読み取りが行えるようになります。画面にQRコードを映します。

 

手順5

QRコードを認識すると、自動的に読み取ります。読み込んだ内容は「読み取りデータ」の項目をタップするこtで確認できます。読み込んだ文字列がURLの場合はリンクされ、タップするとwebブラウザでURLのwebページにアクセスできます。

 

ピックアップ情報には、QRコードの内容を検索して、検索にヒットしたwebページなどを一覧表示します。