NTT docomo XperiaZ5 Premium

Xperia Z5 Premiumの電話操作方法

 

XperiaZ5 Premium,

 

Xperia Z5 Premiumで電話したり、電話受信、伝言メモの使い方を説明します。また、別途ヘッドセットを用意して接続することで、無理のない通話を行えます。

 

 

電話を操作する

ホーム画面下に常時表示されている「受話器マーク」をタップすると電話操作を開始します。ロック画面の左下にある「受話器マーク」を上方向にフリックすることでも電話操作を開始します。

 

 

 

電話発信する

ドコモ電話脹を利用している場合は、「ダイヤル」タブをタップするとキーパットが表示されます。電話番号を入力してもタップすると電話を発信します。

 



スポンサーリンク


 

 

画面が消える
受話口に耳をつけている状態では、画面の表示が消えます。受話口から耳を離すと画面が表示されます。

 

 

XPERIAの連絡先を利用してる場合は、画面下の緑のアイコンをタップするとキーパッドが表示されます。電話番号を入力して「受話器アイコン」をタップすると電話を発信します。

 

 

 

シンクコール「SOV32」

SOV32には、スマートフォンの画面を使用しながら通話が簡単に行える「シンクコール」アプリが用意されています。シンクコールアプリを使用していると、通話中画面に受話器アイコンが表示されます。ほかのアプリケーションに切り替えても画面上に表示されていて、アイコンをタップすることで電話の操作パネルを補油時して、通話終了などの操作を行えます。

 

 

 

シンクコールを無効にする「SOV32」

シンクコールを利用しない場合は、アプリの画面の「設定」をタップしてから「au設定メニュー」→「シンクコール」に順にタップします。「シンクコールを使用する」のスイッチを左にフリックして無効に切り替えます。

 

 

 

電話の受信

電話を受けると呼び出し音がなります。電話を受けるには、受話器マークを右方向にドラッグします。もし、拒否したい場合は赤いアイコンを左方向にドラッグします。また、「着信オプション」を上方向にドラッグすると、発信者にメッセージを送ったり、留守番電話応答が可能です。

 

 

 

着信音を消す

電車内や公共の場所などでの着信で着信音を消したい場合は、本体側面に「音量」キーを押すとミュートします。

 

 

 

シンクコールでの受診「SOV32」

シンクコールが有効になっている状態で電話がかかってくりと、画面上にシンクコールのパネルが表示されます。「受話」をタップすれば電話を受けられます。また、「拒否」をタップして拒否することも可能です。

 

 

不在着信・伝言メモ

着信時に電話を受けられなかった場合、画面上部に受話器アイコンが表示され、不在着信が通知されます。通知領域を表示され、不在着信が通知されます。通知領域を表示すると一覧に不在着信が表示されているので、項目をタップすると「発着信履歴」が表示され、そこから発信できます。

 

 

 

伝言メモを有効にする

 

XperiaZ5 Premium,

 

Xperia Z5 Premiumには伝言メモ機能が用意されています。この機能を有効にすれば、一定時間着信に応答しないと自動的に伝言メモ機能で応答し、相手の音声メッセージを登録できます。

 

 

伝言メモ機能を有効にするには、アプリ画面の「設定」をタップしてから、「通話設定」→「伝言メモ」の順にタップし、「伝言メモ」のスイッチを右にスライドします。

 

 

これで着信時に応答しないと、自動的に伝言メモを応答し、相手のメッセージを登録します。メッセージを受けると画面上部に「テープアイコン」が表示されます。通知パネルの「伝言メモ」をタップすると登録されたメッセージが一覧され、タップするとメッセージを聞けます。

 



スポンサーリンク


 

 

伝言メモの削除

確認済みのメッセージはロングタッチして「削除」を選択することで、削除できます。

 

 

ドコモの留守番電話サービス「SO-03H」「SO−01H」

SO-01HとSO−03Hを使用している場合、NTTドコモが提供する留守番電話サービスが利用できます。このサービスを利用すると、Xperia Z5に電源が切れている場合や圏外にいり場合にも伝言を受けることが可能です。留守番電話サービスを利用するには、別途申し込みが必要です。使用料は月額324円です。

 

 

 

auの留守番電話サービス「SOV32」

SOV32を使用している場合、KDDIが提供する留守番電話サービスが利用できます。このサービスを利用すると、Xperia Z5に電源が切れている場合や圏外にいる場合にも伝言を受け取ることが可能です。留守番電話サービスを利用するには、「電話基本パック」への加入が必要となります。使用料は月額324円です。

 

 

 

ソフトバンクの留守番電話サービス「501SO」

501SOを使用している場合、ソフトバンクが提供する留守番電話サービスが利用できます。このサービスを利用するとXperia Z5に電源が切れている場合や圏外にいる場合にも伝言を受けることが可能です。留守番電話サービスは申し込みをせずに無料で利用可能です。

 

 

 

ヘッドセットを使う

 

XperiaZ5 Premium,

 

XPeria Z5 Premiumでヘッドセットを利用する方法を解説します。ヘッドセットには、ヘッドセットには、ヘッドフォン端子に接続する機器やBluetoothで接続する機器があります。ヘッドフォン端子が付いた形式の場合は、本体左下のヘッドセット接続端子に差し込んで使用できます。

 

 

1・ヘッドセットをペアリングを行う状態します。

 

 

2・アプリ画面の「設定」をタップしてから、「Bluetooth」をタップします。

 

 

3・画面右上のスイッチを右にスライドして、Bluetoothを有効にします。「使用可能な機器」にヘッドセットが表示されます。認識したヘッドセットをタップします。

 

 

 

機器が表示されない

ヘッドセットが表示されない場合は、右上の「3つのドットアイコン」→「検索」の順にタップすることで、近くの機器を再建策します。それでも表示されない場合は、ヘッドセットがペアリング待機状態であるかを確認しましょう。また、すでにほかの機器とペアリングしている場合は、一度ペアリングを解除してから再度検索を行ってみましょう。

 

4・しばらくするとペアリングが完了し、「接続済み」と表示されます。

 

 

5・ヘッドセットが利用できるようになります。Bluetoothヘッドセットを利用した状態の場合は、通話時の画面の「Bluetoothアイコン」が選択された状態になります。



関連ページ

Xperia Z5 SO-03H連絡先の使いこなし方
最新の「Xperia Z5」の操作方法と活用法を解説。メール設定や電話帳登録、写真・動画・音楽などわかりやすく説明しています。ほかにもおすすめアプリなどもご紹介。
他の携帯電話帳から移行
最新の「Xperia Z5」の操作方法と活用法を解説。メール設定や電話帳登録、写真・動画・音楽などわかりやすく説明しています。ほかにもおすすめアプリなどもご紹介。